美容エステ脱毛

美容エステ脱毛コラム

美容エステ脱毛コラム

 

 

美容エステ脱毛友達と一緒に通いたいときには

今までエステサロンや脱毛サロンなどの専門施設で、美容ケアを受けた経験のない女性も少なくないので、最近では友達の誘いで同じサロンに通う女性が増えてきています。どうしても自分でサロン選びをする際に、大手のエステサロンや脱毛サロンを選ぶことが出来ない場合、実際に利用している方に誘われることで気軽に通うことが出来るメリットがあるのです。

 

フェイスエステ

 

そのため多くのエステサロンでは、友達からの紹介でサロンケアを受けることで、通常よりも割引でケアを受けることが出来る割引キャンペーンを行っているお店が多いのです。一人でエステサロンに通うのは少し緊張してしまうという女性も、友達と一緒にサロンに通うことで心身ともにストレスを感じずに脱毛ケアを完了させることが出来るので、若い女性に特に人気になっています。

 

このような知人の紹介による割引キャンペーンを行っているエステサロンや脱毛サロンを探す方法として、美容情報が多く載っている美容情報サイトを利用すると比較的簡単にサロン検索をすることができますので、これから友達と一緒にエステサロンや脱毛サロンに通い始めて、全身のお手入れを済ませたいと思っている女性は、利用することをお勧めします。

 

 

ヒジ下だけ脱毛すると、ヒジ上が濃く見える可能性

ヒジ下のムダ毛は普段あまり見えないものなのですが、夏など暑い季節になると露出する機会が増えるのでしっかりと処理しておくと良いのです。ちなみに腕の脱毛をしたいと考えている場合、ヒジ下だけでなくヒジ上の脱毛も一緒に行うのがオススメです。

 

それはヒジ下だけを脱毛すると、処理していないヒジ上のムダ毛が濃く見えてしまうためであり、ムダ毛の境目が気になることもあるので全部処理しておきましょう。ヒジ下もヒザ上も施術による痛みに関しては個人差がありますが、丁寧な施術を行ってくれるエステサロンを選べばあまり心配はありません。しかし、やはりエステサロンの脱毛は不安なので、自己処理で十分と考える人もいるでしょう。

 

ヒザ下エステ脱毛

 

確かに自己処理なら好きなタイミングでムダ毛を処理することができますが、自己処理を繰り返すと毛がさらに濃く太くなってしまうためオススメできません。

 

エステサロンで施術を受けることにより、美肌効果まで期待することができますし、ムダ毛のない綺麗な腕を手軽に手に入れることができるのです。
リーズナブルな価格で腕のムダ毛が処理できるエステサロン・クリニックを探しているなら、インターネットで調べてみると良いでしょう。

 

 

全身脱毛プランのハイジニーナ脱毛

ハイジニーナ脱毛は、にVライン、Iライン、Oラインをセットで脱毛施術する方法ですが、日本では、完全に毛を無くすのではなく、ラインを整えたり、ムダ毛の量を減らすのが一般的で、様々なデザインがあります。

 

ハイジニーナ部分は、事前処理で形を整えるので、施術の前にどのようなデザインにするのかを決める必要があります。デザインが気に入らないということが無いように、施術の際にしっかりと自分の希望するデザインを伝えましょう。しかし、残す量やデザインを決めるのに悩んでしまうと言う人も少なくありません。

 

エステ脱毛

 

そこで、どんなデザインがあるのかを知り、自分のVIOラインはどんな形にしようかということをある程度決めておきましょう。ハイジニーナ脱毛の人気のデザインは、自然な形である逆三角や、下着や水着を着ても気にならない指二本分の肌を残す2フィンガー、ハート型などがあります。

 

アンダーヘアは、人前にさらす機会も少ないため、自分の好きなように自由なデザインを楽しむ人が多いようです。しかし、凝ったデザインは高い技術があり、難しいので、施術前にエステティシャンと相談しておかなければなりません。

 

脱毛してしまうと、やり直すのは難しいので、悩んでしまったらエステティシャンに相談して、自分に合うものを提案してもらうこともできます。また、下着などのサイズに合わせたり、アンダーヘアのデザイン自体を楽しむなどによっても大きく違うので、施術前にはそのあたりも再確認すると安心です。

 

 

いつから始めれば夏までにツルツルのヒジ下になれる

夏には脱毛してムダ毛がなくなったツルツルのヒジ下を出したいという人は多いのではないでしょうか。しかし、間際になってから脱毛を始めても、毛周期に合わせて施術していく必要があるので、間に合いません。

 

毛周期とは成長期、休止期、退行期という毛の生え変わりサイクルが約2か月から3か月周期で起こっています。また、脱毛施術は、1回で完全に毛を無くすことが難しいので、複数回受けなければムダ毛のない肌にすることができないのです。ですから、脱毛を完了させるには、1年前くらいから計画しておくことが最適なのです。

 

ヒジ脱毛

 

夏にヒジ下の脱毛を完了させたい場合は、約1年前からのサロンを探し、毛周期が約2ヶ月であれば、4回から5回の脱毛を行うことができるので、夏までにムダ毛のない肌になることが可能です。毛周期には個人差がありますから、すべての人が当てはまるわけではありませんが、1年ほどで満足できる結果が手にできるのです。

 

サロンは原則的に予約制になっており、サロンの予約が取れない事も考えられます。予約が取れなければ施術を受けることができないので、 ある時期までに脱毛をしたいと考えている場合は、早めに準備をすると安心です。

 

特に、ヒジ下は人の目のつきやすい部分です。また、人気のあるサロンであると、予約が殺到することもありますし、多くのサロンがお得なキャンペーンなどを行っていると人気も高まります。 サロンのリサーチと時期を検討するなら早めに行動しましょう。

 

 

ワキ脱毛の当日にやってはいけないことアレコレ

脱毛の予約をしたとき、スタッフの方から、施術日に合わせてワキのムダ毛を処理しておいてくださいと説明があるかと思います。
脱毛のときムダ毛が長すぎると、毛根に集中させなくてはいけない熱が拡散してしまい、効果的な脱毛効果が得られないためです。また、脱毛用のレーザーはメラニンに反応して発熱するため、必要以上に高い熱が発生して火傷のリスクが生じるという面もあるようです。

 

ムダ毛を処理するときは、毛抜きを使わないようにしてください。脱毛の施術はレーザーを使って熱を発生させ、それによって毛根を焼き、毛の再生組織にダメージを与えることがポイントなのです。毛抜きを使ってしまうと処理するべき毛根がなくなってしまいますから、レーザーを照射しても本来の効果を得ることはできません。

 

普段から毛抜きを使っている方は、つい使ってしまわないよう、注意してください。他に、ワキ脱毛の当日に注意してほしいのは、制汗スプレーです。特に夏は汗をかくため、エチケットとしてつけて出かけたいところですが、制汗スプレーの成分がレーザーに反応してシミができたりといったトラブルが起こるリスクがあります。

 

スプレーだけでなく、脱毛を受ける部位には肌に何もつけない方が安心です。クリームや化粧水、外用薬なども落としてから施術を受けましょう。
ワキの汗が気になる場合は、パッドを当てたり、ウェットティッシュで拭くなどしてください。

 

 

美容脱毛の契約したら毛抜きでの自己処理がいけないワケ

エステ・クリニックでの脱毛期間中は、毛抜きで自己処理をしないように注意する必要があります。

 

まず、現在の主流である、フラッシュ・レーザーなどの光脱毛は、メラニン色素に反応する光を照射し、これを多く含む毛母細胞をこの反応で発生する熱によって破壊する原理です。そのため、毛が抜かれているとこの毛母細胞もなくなっているため、いくら光を当てても効果を得ることができません。

 

また、効果的に光脱毛を行うには毛周期に合わせたタイミングでの施術が必要です。メラニン色素の最も多い成長期後期に施術するのが適切であり、それ以外の時期では効果がほとんどありません。

 

毛を引き抜いてしまうと、この毛周期がずれてしまい、効果的な脱毛ができなくなります。毛周期には部位によって違いがありますが、エステ・クリニックで施術を行う2か月前ぐらいから自己処理を毛抜きから剃刀に変更すると、光脱毛を効果的に受けることができます。

 

光を使用しないニードル脱毛は、毛をつまんで毛に沿って毛穴に針を挿し込み、電流を流して発熱して毛母細胞を破壊します。そのため、毛抜きによる自己処理だけでなく、剃刀などで短くしてしまった場合も毛をつまむことができず、施術そのものを行えません。よって、自己処理全般に注意が必要です。

 

 

美容脱毛お手入れ後に赤みや痒みが出た時の対処法

 

参考元:東京全身脱毛.jp
http://xn--1lq99dq74ah7djm6ao5q.jp/

 

脱毛をした直後は肌が軽い火傷をしているような状態です。

 

これは脱毛マシンから出された光が発毛組織を破壊する際に熱を出すからです。そのため、脱毛したあとは皮膚の表面温度が上がり、非常に乾燥してしまっているため、必ず脱毛部分を冷やすことと水分を補う保湿をすることが必要となってきます。

 

通常であれば、2〜3日で赤みや痒みは治まりますが、アフターケアが不十分だったり、肌の弱い人や敏感肌の人の場合、その症状が長引くことがあります。
症状が長引くと、赤くなっていた部分が茶色く変色し、色素沈着してしまう可能性が出てきてしまうので、注意が必要です。

 

そのため、異変を感じたらすぐに脱毛をしたところに連絡をし、早い段階で皮膚科などの専門医がいるところで診察してもらうことが大事です。また、患部に余計な刺激を与えないように、お風呂場でゴシゴシ擦ったり、ストッキングなど肌に密着する服装は避けるように注意しましょう。

 

このように赤みや痒みが治まらない原因は脱毛マシンの出力が高すぎていたり、同じ部分に間違って何度もマシンの光を照射してしまっていた場合が多いです。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、施術者の技術力やトラブル発生後の対応力についてきちんと調べてから契約することが大事です。