ファンデーションをつける時のコツや注意

ファンデーションをつける時のコツや注意

ファンデーションはつけ方一つでかなりその後のメイクが変わってしまう事があります。特に、厚化粧になりやすく最後に修正がしにくいのがファンデーションを塗る事です。

 

ですのでできるだけ丁寧に塗る事がやはり基本ですが、ムラなくつける為にはやはり基礎化粧での下地作りも大切です。丁寧に肌を整えておくだけでもファンデーションのノリはかなり違いますし、冬場には特に乾燥させないように、保湿を心がけておく事が大切です。さらに気を付けたいのが、顔の色むらを気にしすぎるあまりにファンデーションを塗り重ねすぎる事です。

 

事前に気になる場所にはコンシーラーなどを使うと効果的ですが、この時もあまり伸ばしすぎず指先で少し重ねるくらいでも充分です。さらにリキッドファンデーションなどは、つけすぎるとムラになってしまう事もよくあります。特にムラになりやすい小鼻の周辺や口元などは、つける量も最少にするとやはり綺麗になります。

 

つけるのはスポンジか筆を使うのが自然につけられるのでお勧めです。しかし、このような道具を使う場合は、毎日使う事もありどうしても汚れる事があります。ベストなのは替えの筆やスポンジを用意し、こまめに汚れた物は洗う事です。洗顔料やクレンジング剤などでも洗えますが、専用のリムーバーなどもありこちらを使って綺麗にする事大切です。