電気針治療による脱毛のメリットとデメリット

電気針治療による脱毛のメリットとデメリット

特殊な針を毛穴に刺し、そこから電気を通すことで毛根を破壊することで脱毛効果をあげる施術である電気針治療は、ニードル脱毛と呼ばれています。

 

ニードルは、毛穴1本1本に対して施術を行うので、仕上がりがとても美しく、高い効果も期待することができると言われています。光やレーザーは、効果が実感できるまでに数ヶ月かかることがありますが、ニードルは、施術を受けるとすぐに効果を実感することができます。

 

また、光やレーザーは、黒い色に反応するので、日焼けをすると施術を受けることができない場合がありますが、ニードルは日焼けをしても施術を受けることができます。

 

ニードルは、針を刺して施術を行うので、施術中に強い痛みを感じることがあります。痛みに弱い方は、痛みに耐えることができない場合があるので、体験でどれくらい痛みがあるかを体験してから施術を受けたほうがよいでしょう。VIOなど肌が敏感な部分は特に痛みを感じやすいので注意が必要です。

 

ニードルは、1本1本に対して施術を行うので、施術が完了するまでに長い時間がかかることがあります。ワキなど範囲が狭い部分は問題がないのですが、脱毛部位が広い部分の施術は長い時間がかかるということを理解しておきましょう。